北京パラリンピック金メダリスト・石井雅史さんにインタビュー

2010年度 自賠責運用益拠出事業/高次脳機能障がい者への支援

高次脳機能障害の当事者およびその家族の社会復帰を目的に、(NPO法人)日本脳外傷後遺症リハビリテーション支援ユニオン(JUTRA)が実施している「集団治療プログラム(通称:オレンジクラブ)」を支援しています。

「オレンジクラブ」の目的や意義について、オレンジクラブ卒業生で北京パラリンピック金メダリストの石井雅史さんにお話を伺いました。

人生の転機

 私は、競輪選手として活躍していましたが、2001年夏の交通事故で脳を損傷したことがきっかけで、記憶力の低下や疲れやすいなどの症状が出る「高次脳機能障害」を負いました。退院後すぐにでも競輪に復帰する意気込みでしたが、練習する日々の中で、バランス感覚が悪くなったり、以前のような自転車のスピードを出せないなどの障害を認識するようになり、引退を決意しました。
 目標を失った私は、次第にふさぎこむ事が多くなり、失敗や他人とのトラブルも絶えず、家に閉じこもりがちの生活を過ごしていました。

目標を持つことの大切さ

 そんな時に出会ったのがオレンジクラブです。
 オレンジクラブは、病院で行われる個人のリハビリとは違い、当事者や家族、医療スタッフなど、10人程度で行われる集団治療プログラムです。
 そこで行われるリハビリのうち、特に印象に残っているものは、当事者の1人が日頃困っていることを打ち明け、参加者全員で真剣に考え、解決策を話し合い、毎日できることを目標として宣言し、実行するというものです。
私は、このプログラムをきっかけに、また、大好きだった自転車に乗ることになりました。いざ乗ってみると、体が覚えていたのか競輪選手時代の気持ちに戻り、次第にタイムを縮めたいという気持ちを強く持つようになりました。そして、北京パラリンピックで金メダルを取るに至ったのです。

お世話になった監督(写真左)と

好きなことや、心がワクワクすることを探そう!

 私も明確な目標を持って前向きな生活を過ごせていなければ、今でも家に閉じこもりの生活を送っていたかもしれません。高次脳機能障害は、目に見えない障害と呼ばれ、他人から理解されず、失敗やトラブルが絶えない毎日で心が沈んでいる人も多いと思います。しかし、過去の自分に固執せずに、常に目標を持って前向きに生きていれば、きっと今よりも良くなるはずです。
 私は、常に目標を持ち続け、12月に中国の広州で開かれるアジア大会でもメダルを獲得することを目標にし、厳しい練習に耐えてがんばっています。

石井雅史さん